Sunnyside Creamery

【新車購入】キャッシュかローンか?それともリースか?

こんにちは、たろすです。

 

今日は、元ディーラー営業マンの私から

どの世代でも当てはまる!

 お得な車の購入方法を伝授します😆

 

今、レンタカーやリース車が流行の中

なぜ、新車購入を勧めるのか?

 

きっとそう思う方もいると思うので

リース車を検討してる方も参考になればと思います!

 車好きのイラスト(女性)

 

 ところであなたは、車ほしいですか?

 現状、日本では若者人口の減少、物価の高騰が主な原因として、車離れが進行しています。

ですが、このまま本当に、車使わなくなりますか?

そうではないと思います。

 若者の車離れのイラスト

現に、コロナをきっかけに新車を買いたい人が全世代で増えました。

電車での移動を避けたい人が増えたからですね。

自転車もよく売れ、駐輪場も各マンションでは満車が増えてきています。

 

そう、意外と、需要高まってるのです!

 ドライブスルーの受け渡しのイラスト(マスクあり)

ちなみに私と彼は20代半ばですが、車大好き人間なので購入しました。

 車種はTOYOTA ハリアー グレードはZ。

ホイールのかっこよさと内装が気に入ってこのグレードに。

買うまで悩んで1年でしたが、ついに、先日納車しました。

 やはりSUVはいいですね☆

 

車って、買うとき車種やグレード、色、ディーラー・メーカーオプションを決めますが最終的な支払方法も検討が必要ですよね。

工程がありすぎる。選択肢ありすぎる。

優柔不断な人からしたら大変だと思います。

 

車自体は好みが分かれるので今回、支払方法をそれぞれデメリット・メリットを含めて説明しますので、参考にしてみてください!

カーディーラーのイラスト

キャッシュで車を買う場合

キャッシュで車を買っている人は、おそらく親世代が多いと思います。

 

10年前くらいまでは、現金で買って乗りつぶす人が多かった印象です。

 

私の両親も現に、どこかが壊れたり、

ボディーがへこまない限り買い換えていませんでした。

 

わかりやすく現金での購入のメリット・デメリットを以下にまとめてみました。

 

メリット

金利がかからずに買える

購入してすぐに、所有権を持つことができる

・リースではないので自由にカスタマイズできる

 ・売りたいときにすぐ売れる

 

デメリット

長く乗れば乗るほど(車齢が高齢になるほど)点検代含めランニングコストがかかる

・故障などによる修理でまとまったお金を用意する必要がある

・手元のお金が一気に減るので、臨時でお金が必要になったときにリスクが生じる

査定は車の状態・走行距離、色やグレードにとても左右される

 

リースで車を長期間借りる場合

今若者を中心に流行していて、CMでもよく流れているカーリース。

 

大手メーカートヨタが、リース専門の「KINTO」をリリースしたり、

各ガソリンスタンドでも提供が始まりました。

 

手軽で、営業マンの商談なく

マイペースに決められることから若者を中心に人気を集めています。

 

そんなカーリースのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

メリット

・購入しないので初期費用が抑えられる

自動車保険が含まれている

月々の支払料金は変動しないため、負担が少なくライフスタイルに合わせやすい

・ディーラーに行く必要がなく、価格交渉を含めた商談が不要でネットショッピングのような手軽さがある

 

デメリット

・総額で考えると現金購入よりも高額になる傾向がある

中途解約すると解約金が発生する

走行距離に制限がある

原状回復が原則なのでカスタマイズに難航

返却時の状態によっては料金が発生する場合がある

 

残価型ローンで車を買う場合

最近、ほとんどの方がこの方法で車を買う、残価型ローン。

私のお客様も、私の彼も残価型で購入しています。

 

そもそも、残価型とは何か?となると思いますが

残価型とは、通常ローンと同じく

分割で金利を含めて月々代金を支払って購入するプランです。

何が違うかというと、

購入時にすでに、数年後のその車の査定額が保証されているということです。

各メーカーによって、金利や査定額のパーセンテージ

(購入価格の何パーセントかということ)が異なります。

そして、同じメーカーでも、ディーラーによって変動するメーカーもあります。

(例えばトヨタ。)

 

メリット

保証査定価格がわかっている(設定しているローン年数によって変動)

どの色を選んでも査定価格に影響がない

軽い傷があっても査定金額に影響しないことが多い

車のオプションを自由につけられる

・リースと異なるのは残代金を払えば所有できる

・月々の支払いは通常ローンより安くなる

・ライフスタイルに合わせて車を乗り換えやすくなる

・ローン返済最終に乗り換えるか、キープするかを決められる

 

デメリット

走行距離が多い人には向かない

修復歴がつくと買ってもらえなくなる

・保証査定額分は、残るので金利が高いこともある

・修復しなければいけないところが多いと別料金が発生する場合がある

 

 長く考えるならば、残価型がおすすめ!

 私はディーラー時代基本的にはお客様に残価型をお勧めしていました。

 

なぜなら、若い人はまだまだ、いろんな人生を歩むと思うし、

結婚して家族ができて、子供が巣立ってなどいろんな経緯がある中

同じ車を10年乗りますか?と聞くと

ほとんどの人は「乗らない」と答えるからです。

 

では、50-60代はどうでしょうか。

わたしは同じく、おすすめします。

なぜなら、仮に乗らなくなった後も、査定額が高くつくので安心でき、

老後資金に充てられるからです。

 

私たちは、今後のライフプランを見据えて、もし子供ができたら

ハリアーは乗れないかもしれない、と思ったので、残価型にしました。

 おもちゃで遊ぶ子供のイラスト(男の子)

すこしでも、参考になれば幸いです☆

追記☆コメント返しです☆

嬉しいコメント、ありがとうございます!

とっても励みになります( *´艸`)

 

車買うか迷う年齢ですので勉強になります🚙ライフプランを見据えること、売却時のことまで考えた上で堅実な購入を心がけたいです。秀逸な記事で読みやすく助かりました。ありがとうございますm(_ _ )m2021/08/09Add StarSunnysidecreamery

 

売却時のこと、考えたほうがいいですね。

欲しい車の現在の市場を知る為にも、中古車販売のサイトを見るのもおすすめです。

ご売却を視野に入れる場合、各メーカーの王道人気の車を購入するのがおすすめです。

現金購入も、もしお考えである場合、

色は白黒(パールありならなおよし!)、グレードは最上級をおすすめします。

世界的には今後、10年後には電気・水素が主流になることが考えられることも頭の片隅に入れておくといいかもしれません。

 

ブログ村に参加してます!

よかったらクリックしてください❤️

励みになります!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ 20代女磨きへ
にほんブログ村

Privacy Policy Contact Us